反日愚国 恨寓瘻

反日の愚かな国 日本を恨み、寓け難癖をつける 極東の腫物 恨寓瘻(はんぐる)

まともな日韓関係のために…対等に怒りや不満を 産経新聞

2012
02
まともな日韓関係のために…対等に怒りや不満を 産経新聞 より

 【緯度経度】

 日韓関係を揺るがしている李明博大統領による「史上初(!)の竹島上陸」事件の真相は韓国でもおおよそ「自ら歴史に名を残すための政権末期の愛国パフォーマンスだった」という結論になりつつある。

 李大統領上陸後、島には記念の石碑が建てられた。石碑には大統領のハングルによる親筆で「独島」「大韓民国」「2012年夏 大統領李明博」と刻まれている。「歴史に名を残したい!」の思いがありありではないか。

 したがって大統領の“本音”は日本向けより国内向けの意味合いが大きかったとみていい。

 李大統領にはさらに日本を刺激した天皇陛下訪韓問題にかかわる「来るなら謝りに来い」みたいな外交的非礼発言があった。この発言はイジメ問題(韓国でも大きな社会問題になっている)に関する教育者研修会を激励に行った際、出席者から「独島訪問」の感想を質問され、即席の答弁でつい言ってしまった。

 「大統領として史上初の独島訪問」という気分の高まりの中で「日本何するものぞ」とばかり強気の発言になってしまったのだ。したがって韓国は日本からの想定外(?)の激しい非難、反発に驚いている(大統領官邸筋)というが、大統領として軽率、非礼は免れない。
Pic up
Pic up2
 韓国人にとって「独島」とは、大統領さえわれを忘れてはしゃぐ(?)ような、それほど気分を高揚させる“強力アドレナリン”というわけだ。

 日本は今回、竹島問題を国際司法裁判所に提訴することなど、韓国がこれまで一番恐れてきた問題の国際化に積極的に踏み出した。李大統領のおかげで日本の国民感情に火がつき、“地方区”だった竹島問題が一気に“全国区”を超え国際化したのだ。

 大統領の「独島訪問」については時間がたつにつれ、サッカーで味方ゴールに蹴り込んで失点してしまう「オウンゴール(韓国では自殺ゴールという)」論が広がりつつある。せっかくの「歴史に残る訪問」も、外を犠牲にした内向けの個人的業績作りという見方が強くなりつつあるのだ。政治的賞味期限は意外に短いかもしれない。

 今回は韓国の挑発に日本が珍しく怒っているという図式である。戦後日韓関係史では1950年代初め、竹島占拠のきっかけとなった李承晩ライン以来ではないだろうか。

 この“李ライン”で韓国は自らの支配海域を一方的に設定。その中に入った日本漁船を大量に拿捕(だほ)し3千人近い日本人漁船員が抑留された。戦後日本社会で反韓感情の大きな要因になった。

 今回、日本が怒る番だから韓国は比較的静かである。政治や外交、メディアの興奮とは別に人々の反日はそれほど強くない。テレビで伝えられる日本大使館前の反日はほとんどがなじみの顔ぶれだ。中国の無秩序な群集的反日とはまったく異なる。韓国の反日はどこか手慣れている。

 日本では政府レベルで“制裁”という言葉が出るほど韓国批判が強く盛り上がっている。日韓関係はこれまでは韓国の日本に対する不満や怒りばかり語られてきた。今や日本も韓国に対し対等に堂々と怒りや不満をぶつける、まともな関係になりつつあるのだ。(ソウル・黒田勝弘)

ソース:http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/world/korea/588052/
関連記事

0 Comments

Add your comment

<#`Д´>チョッパリが妬ましくて夜も眠れないニダ!