反日愚国 恨寓瘻

反日の愚かな国 日本を恨み、寓け難癖をつける 極東の腫物 恨寓瘻(はんぐる)

GHQの自虐史観を一番植え付けられた世代だもんね。日本が悪かったで済んでた時代は終わったんです  ~ 落語家・桂歌丸「戦争を知らない政治家」に苦言! 「戦争を知らなかったら、戦争をもっと研究しろ」ネット上で反響

2017
08

【テレビ】<落語家・桂歌丸>「戦争を知らない政治家」に苦言! 「戦争を知らなかったら、戦争をもっと研究しろ」ネット上で反響



1: Egg ★@ 2017/08/08(火) 08:35:12.20 ID:CAP_USER9
5日放送の「報道特集」(TBS系)で落語家・桂歌丸が、戦争に関して政治家に苦言を呈し、反響を呼んでいる。

番組では、反戦意識を強く持つ歌丸が登場し、「戦争なんてのは本当に愚の骨頂」「やるもんじゃない」「おっかないですよ」と主張。小学2年生のときに疎開先の千葉から、故郷の横浜が空襲されるのを見ていた体験談などを語った。

当時、歌丸の祖母は防空壕がいっぱいで入れず、避難した橋の近くで間一髪生き延びたが、防空壕の中にいた人たちは煙でほとんど亡くなったという。

最近は、戦争を知らない世代の政治家も増え、歌丸は「戦争を知らない政治家が戦争に触れるな」「戦争を知らなかったら、戦争をもっと研究しろ」と政治家の戦争に対する無知を指摘する。

さらに「戦争というものは、良いものなのか、悪いものなのか。この判断をきっちりとしろ」「(戦争が)良いものだと思ってる政治家だったら我々選ばないし、絶対に」と苦言を呈していた。

2017年8月7日 11時4分 トピックニュース
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/13441014/



jjdha454545aaa.jpg

 ←パヨクと闘う為、1ポチお願いします


そろそろリーマン止めてもいいかも…こんなんでいいんだ(無料でもらえるし)
Pic up
Pic up2
28: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:40:14.62 ID:hWGGDQLx0
>>1
戦争はこっちはしたくないんだよ

だが隣国の動きを見てたら

46: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:43:24.95 ID:/hVgZC1X0
>>1
戦争したい政治家はいないよ・・・

したいのは、いつの時代も民間の支持者ですよね。
そのあたりは無視かい?
政治家なんて椅子が欲しいだけで、要望を聞いてる立場なんだから。

52: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:44:09.68 ID:rFuTloCl0
>>1
>反戦意識を強く持つ歌丸が登場し

こういうやつが一番戦争を分かってない現実w

58: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:45:08.40 ID:wLTqKUN/0
>>1
戦争したいやつなんかこの国にいないだろ
戦争を避けるために抑止力の可能性も含めて防衛するか、武力を持たずにそもそも戦えなくするかのどっちかで揉めてんだから

88: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:48:44.55 ID:xqr2EXwr0
>>1
こいつ自身がなんの研究もしてないのに、何を上から目線で物を言ってんだこいつは

>「(戦争が)良いものだと思ってる政治家だったら我々選ばないし、絶対に」
この突飛な理屈とか、左翼のやり口とまんま一緒
偏向テレビだけ見て、熱くなっちゃってんだろうな

150: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:56:49.20 ID:sBL/zIXv0
>>1みたいなの見ると
江戸時代にも最近の江戸幕府の将軍は戦を知らないとか言ってる戦国時代生まれの老いぼれとかもいたんだろうな…

186: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:00:58.86 ID:0f2sV+sW0
>>1
けどホリエモンみたいに戦争が起こったら国外に逃げるって奴には
ブチ切れるんだろ?

279: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:11:52.61 ID:6i4/W4xZ0
>>1

日本も戦争に巻き込まれることの無いように

近隣のならず者国家に対する国防に備え、

シッカリとした軍事力を持つ必要があるんだね。

397: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:23:29.19 ID:LsxI2vvF0
>>1
意見は御尤もだが悲惨さだけを知って戦争を知った気でいるのもどうかと

411: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:24:33.09 ID:xWD/Z8Ih0
>>1
経験なければ経験を積むしかないよな

429: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:26:14.75 ID:ysHdWPa50
>>1
そもそも最初に攻めてきたのは誰だよ
戦争にもルールがあって民間人を殺したらダメだ
でも民間人を大量虐殺したのは誰や
武力を持たなくてどうやって回避するんだ?

507: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:33:43.82 ID:qn5s589S0
>>1
いい悪いで戦争を語るんじゃねーよ
政治の、外交の一部として常に意識すべきものだし
事実として軍事力を背景にした侵略行為を
複数の国から受けてるじゃねーか

老害化して晩節を汚すなよ…

611: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:43:43.00 ID:nfeDPxqQ0
>>1
戦争に行ったわけでも戦争するかどうか悩んだわけでもない疎開児童が戦争を全て知ってるかのように語る
お前らがもっと世界の戦争を勉強しろよ

628: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:44:46.03 ID:HbtBjhuY0
>>1
オマイは戦争時は子供
オイラの親父は戦地で逝った
七度生まれかわっても日本を守るために戦うとな

670: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:48:51.18 ID:nOJgBuK00
>>1
「見もしないで批評するな!」

よく見るフレーズっすね・・・これも。

718: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:53:29.49 ID:7DKCUg9g0
>>1
小学校二年生じゃ、どうして戦争しなければならなかったのかなんて
考え及ばないだろうね(´・ω・`)

754: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:57:17.54 ID:/F4mhjll0
>>1
自分たちの口では何も言わず、有名人を盾にするマスゴミ

794: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:03:34.27 ID:kBQTtdGB0
>>1
正直トラウマは分かるんだけど
こういうこと言うような人の戦争体験って心に響かないのよね
分からないもんはしょうがないだろって
むしろ知っててもやるだろと

821: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:06:10.55 ID:Xg+8gfYi0
>>794
だって体験者じゃないもん響くわけがねぇ
オレの知ってるじぃさんは戦車乗りだったけど
偉そうでムカつく上官と同乗した時
ワザと戦車急発進させてびびらせたってケタケタ笑ってたよ
悲惨な話もしてくれたが笑える話もちりばめてあるのがリアリティー

850: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:10:14.57 ID:YdySBTuS0
>>1
避難訓練すら「ケシカラン」とメディアで圧力掛けるくせに何言ってんだ・・・
研究したら「戦争賛美」としてぶっ叩くだろ、おめーら

880: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:13:48.47 ID:yYvhPS4X0
>>850
日本の一般の大学だと戦争の研究は拒否されていた様な…

大学で研究でき無いとなると何処でするんかな。

952: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:24:34.54 ID:XXRMScZ80
>>1
遺憾砲しかない国の政治家がどうやって侵略戦争するのかw

964: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:27:39.96 ID:mljNY2CJ0
>>1
戦争なんてしたくない
あたりまえのこと
しかし近隣に北朝鮮がいて兵器大好きなカリアゲ豚が
ミサイル投げつけてきてるんですよ
今はそれをどうするか?
ってことを考えるのがいちばん大事なこと

10: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:37:53.52 ID:qFg9p8KG0
喧嘩でも戦争でも一人(1国)じゃできないんだけど?

11: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:37:55.06 ID:n9oAfaWQ0
研究すれば良いものではないが必要なものと分かっちゃうんじゃない?

13: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:37:59.61 ID:H81+UXnw0
こういう人たちの言う戦争は第二次大戦ばっかりだな
いつまで時間を止めて生きてるんだろう
世界中で戦争起きてるのに、そこには目を向けないんだな

285: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:12:22.83 ID:ijnS89Dg0
>>13
実際に日本でも戦争が起きたんだから、日本の戦争は研究すべきだよ
特にそれを経験した日本人が、自分が経験したものを基に口にするのは当たり前
現在進行形の戦争だってこの人達は目を向けているからこそ、戦争なんて愚の骨頂だと言っている

290: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:13:32.81 ID:bRNrWuGC0
>>285
資料が手に入るすべての戦争を調べるべきだろ

295: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:14:23.30 ID:ijnS89Dg0
>>290
そんなの当たり前が前提なんだけど

305: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:15:11.22 ID:gyXhVMeY0
>>285
悲惨さを研究するんじゃなくて負けない為に研究すべきだな

360: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:20:14.97 ID:zFg7O+0Z0
>>305
ちょっと違う
「勝ち目のない戦争に追い込まれない」のが目的
戦争なんて往々にして発生した時点で勝敗決まってるもんだから

14: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:38:05.93 ID:wPelzQz20
戦争やりたい政治家なんかいねーよ
どうすれば戦争やらずに済むかを考えずに「反戦」「反戦」なんて言っても滑稽でマヌケ

20: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:39:27.64 ID:7RBB1O9r0
戦争が嫌じゃないんだろ
自分らが酷い目にあうのがいやなんだろ?

戦争から目を背けて蓋した世代こそなんの反省もしてないよ

22: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:39:41.41 ID:7eYA8waR0
そりゃそうだわな!(笑)
戦争がしたくないから抑止力として核を持ちましょうよ!

23: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:39:48.69 ID:RvYrzjMM0
軍事についてもっと勉強した方がいいやな
軍事について語る事がタブーみたいにしているマスコミがまずおかしいよ

26: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:40:05.45 ID:xJCiQ5FZ0
政治家に関わらず、戦争がいいもんだとか言ってる人は見たことないけどな。
何で反戦唱える人は、人にレッテル貼りまでして自己主張すんのか。
何で人を単純に2種類に分けようとするのか。
それが嫌いだから自称反戦家は嫌い。

877: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 10:13:34.95 ID:rWe6Kqg30
>>26
思考が停止しているから、自分と同じ結論到らない奴は無知か邪悪と決めつけるんだよ
それ以外の理由を考えられないから

29: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:40:39.25 ID:1Sa7/q0oO
経験してない人間が実感を持てないのは当たり前だが大事なのは想像力、いくら研究や勉強をしようが想像力が無ければ変わらん

31: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:40:41.47 ID:DaiJg2/Y0
強盗が家の中に入ってきたらどうするんだってことだろう

33: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:41:08.79 ID:oWnxwlsu0
研究した結果、負ける戦争はしない
次は米英につく、シナ朝鮮は助けてはいけないという結論になりまひた

34: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:41:09.81 ID:igkRhyiI0
アメリカ国民の皆さま
リトルボーイ、ファットマンという正義の光で
日本を、そしてアジアをA級戦犯共の恐怖政治から解放してくださり
本当にありがとうございました

日本が70年もの間平和を保ってこられたのも正義の光を浴びたおかげです
今こそ全世界の病める地域に正義の光を浴びせかけよう

原爆落ちた日本死ね

36: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:41:20.09 ID:8FyoGtwT0
戦争が嫌なのは皆同じなんだよ老いぼれ

じゃあ研究の結果抑止力としての核武装論も勿論語って良いんだよな

37: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:41:25.14 ID:r5+8UvXO0
>>「戦争というものは、良いものなのか、悪いものなのか。この判断をきっちりとしろ」
>>「(戦争が)良いものだと思ってる政治家だったら我々選ばないし、絶対に」


前提がもうめちゃくちゃ
きっちりした結果の戦争を否定するなら最初からこういうことは言うな

38: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:41:40.25 ID:aeKj8oDx0
戦争は悲惨だった、と言うのってそんなに大事じゃない
なんで戦争に至ったのか、どうして負けたのか、が大事だと思うんたけど
悲惨悲惨言う人は、空襲や引き揚げの事ばっかり
戦争って空襲や引き揚げの事なのか

49: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:43:55.21 ID:Xyi4uqEi0
>>38
負け戦だからな。

次は絶対負けない覚悟で行こう。

75: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 08:47:01.17 ID:7eYA8waR0
>>38
テレビもネットもない時代に新聞で洗脳されてたから一般ピーポーが悲惨の2文字で片付けたくなる気持ちもなんとなくわかる

379: 名無しさん@恐縮です@ 2017/08/08(火) 09:21:46.20 ID:3cpFQG090
>>38
空襲経験しても勝った国は悲惨悲惨言わないしな



元スレ:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1502148912/


他サイト関連記事

セウォル号の事故調査で『予想の斜め上の新事件』がまた発生した模様。引き揚げが無意味だった可能性が浮上
問題続出のGalaxyS8に『また新たな問題が発覚して』ユーザーが絶望。サムスン側は対策を拒否した模様
『韓国企業が輸入資金を使い果たして瀕死だ』と中国が”絶望的本音”を吐露。規制解除の可能性は極めて低い
韓国大統領候補が『日本との協議・合意を完全拒否する』と宣言した模様。慰安婦問題をなし崩しに無力化
『お前たちは本当に韓国が屈すると思っているのか?』と韓国人記者が”徹底抗戦”を宣言。韓国コスメは日本に送る
辛淑玉さんがRT「通名が在日の特権だと?人間のクズにも程がある」
【韓流】韓国「日本で韓流ブーム再点火!ドラマ輸出・ファンミーティングが盛況」…またステマか…もう諦めろよwwwwww
アメリカ前政府高官「慰安婦合意を見直そうとする韓国大統領候補は日韓関係に穴を開けることになる」と懸念を表明……
海外「日本の鎧の格好良さは異常」 侍たちが着用した本物の甲冑が外国人を魅了
【毎日新聞】「反日」という色眼鏡は怖い
韓国人「日本のニュースで嫌韓事件が取り上げられる→日本は個人も報道する…」韓国の反応



【動画】投書「日本人がウリナラを差別する方が悪くない?」→回答しました [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No17182
【動画】投書「日本人がウリナラを差別する方が悪くない?」→回答しました

関連記事

 桂歌丸 戦争

13 Comments

冷静に話しましょう  

いまだ、ウォー・ギルト・インフォメーション・プログラム(WGIP)
を信じていたいだけ
事実や真実からは、目を背けていたいだけ

2017/08/08 (Tue) 14:50 | EDIT | REPLY |   

冷静に話しましょう  

うちの親は歌丸と同世代だけど早く軍隊を組織して軍事力を強化して
中国なんかにナメられるなって言ってるよ
昔からけんかの弱いやつはナメられる、現在も軍事力の強い国はナメられたりしてないだろ。

2017/08/08 (Tue) 14:58 | EDIT | REPLY |   

無明寺  

-

真善美の探究【真善美育維】

【真理と自然観】

《真理》
結論から言って, 真偽は人様々ではない。これは誰一人抗うことの出来ない真理によって保たれる。
“ある時, 何の脈絡もなく私は次のように友人に尋ねた。歪みなき真理は何処にあるのかと。すると友人は, 何の躊躇もなく私の背後を指差したのである。”
私の背後には『空』があった。空とは雲が浮かぶ空ではないし, 単純にからっぽという意味でもない。私という意識, 世界という感覚そのものの原因のことである。この時, 我々は『空・から』という言葉によって人様々な真偽を超えた歪みなき真実を把握したのである。


我々の世界は質感。
また質感の変化からその裏側に真の形があることを理解した。そして我々はこの世界の何処にも居ない。この世界・感覚・魂(志向性の作用した然としてある意識)の納められた躰, この意識の裏側の機構こそが我々の真の姿であると気付いたのである。


《志向性》
目的は何らかの経験により得た感覚を何らかの手段をもって再び具現すること。感覚的目的地と経路, それを具現する手段を合わせた感覚の再具現という方向。志向性とは或感覚を具現する場合の方向付けとなる原因・因子が具現する能力と可能性を与える機構, 手段によって, 再具現可能性という方向性を得たものである。
『意識中の対象の変化によって複数の志向性が観測されるということは, 表象下に複数の因子が存在するということである。』
『因子は経験により蓄積され, 記憶の記録機構の確立された時点を起源として意識に影響を及ぼして来た。(志向性の作用)』
我々の志向は再具現の機構としての躰に対応し, 再具現可能性を持つことが可能な場合にのみこれを因子と呼ぶ。躰に対応しなくなった志向は機構の変化とともに廃れた因子である。志向が躰に対応している場合でもその具現の条件となる感覚的対象がない場合これを生じない。但し意識を介さず機構(思考の「考, 判断」に関する部分)に直接作用する物が存在する可能性がある。


《思考》
『思考は表象である思と判断機構の象である考(理性)の部分により象造られている。』
思考〔分解〕→思(表象), 考(判断機能)
『考えていても表面にそれが現れるとは限らない。→思考の領域は考の領域に含まれている。思考<考』
『言葉は思考の領域に対応しなければ意味がない。→言葉で表すことが出来るのは思考可能な領域のみである。』
考, 判断(理性)の機能によって複数の中から具現可能な志向が選択される。


《生命観》
『感覚器官があり連続して意識があるだけでは生命であるとは言えない。』
『再具現性を与える機構としての己と具現を方向付ける志向としての自。この双方の発展こそ生命の本質である。』

生命は過去の意識の有り様を何らかの形(物)として保存する記録機構を持ち, これにより生じた創造因を具現する手段としての肉体・機構を同時に持つ。
生命は志向性・再具現可能性を持つ存在である。意識の有り様が記録され具現する繰り返しの中で新しいものに志向が代わり, その志向が作用して具現機構としての肉体に変化を生じる。この為, 廃れる志向が生じる。

*己と自の発展
己は具現機構としての躰。自は記録としてある因子・志向。
己と自の発展とは, 躰(機構)と志向の相互発展である。志向性が作用した然としてある意識から新しい志向が生み出され, その志向が具現機構である肉体に作用して意識に影響を及ぼす。生命は然の理に屈する存在ではなくその志向により肉体を変化させ, 然としてある意識, 世界を変革する存在である。
『志向(作用)→肉体・機構』


然の理・然性
自己, 志向性を除く諸法則。志向性を加えて自然法則になる。
然の理・然性(第1法則)
然性→志向性(第2法則)


【世界創造の真実】
世界が存在するという認識があるとき, 認識している主体として自分の存在を認識する。だから自我は客体認識の反射作用としてある。これは逆ではない。しかし人々はしばしばこれを逆に錯覚する。すなわち自分がまずあってそれが世界を認識しているのだと。なおかつ自身が存在しているという認識についてそれを懐疑することはなく無条件に肯定する。これは神と人に共通する倒錯でもある。それゆえ彼らは永遠に惑う存在, 決して全知足りえぬ存在と呼ばれる。
しかし実際には自分は世界の切り離し難い一部分としてある。だから本来これを別々のものとみなすことはありえない。いや, そもそも認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう?
言葉は名前をつけることで世界を便宜的に区分し, 分節することができる。あれは空, それは山, これは自分。しかして空というものはない。空と名付けられた特徴の類似した集合がある。山というものはない。山と名付けられた類似した特徴の集合がある。自分というものはない。自分と名付けられ, 名付けられたそれに自身が存在するという錯覚が生じるだけのことである。
これらはすべて同じものが言葉によって切り離され分節されることで互いを別別のものとみなしうる認識の状態に置かれているだけのことである。
例えて言えば, それは鏡に自らの姿を写した者が鏡に写った鏡像を世界という存在だと信じこむに等しい。それゆえ言葉は, 自我と世界の境界を仮初に立て分ける鏡に例えられる。そして鏡を通じて世界を認識している我々が, その世界が私たちの生命そのものの象であるという理解に至ることは難い。鏡を見つめる自身と鏡の中の象が別々のものではなく, 同じものなのだという認識に至ることはほとんど起きない。なぜなら私たちは鏡の存在に自覚なくただ目の前にある象を見つめる者だからである。
そのように私たちは, 言葉の存在に無自覚なのである。言葉によって名付けられた何かに自身とは別の存在性を錯覚し続け, その錯覚に基づいて自我を盲信し続ける。だから言葉によって名前を付けられるものは全て存在しているはずだと考える。
愛, 善, 白, 憎しみ, 悪, 黒。そんなものはどこにも存在していない。神, 霊, 悪魔, 人。そのような名称に対応する実在はない。それらはただ言葉としてだけあるもの, 言葉によって仮初に存在を錯覚しうるだけのもの。私たちの認識表象作用の上でのみ存在を語りうるものでしかない。
私たちの認識は, 本来唯一不二の存在である世界に対しこうした言葉の上で無限の区別分割を行い, 逆に存在しないものに名称を与えることで存在しているとされるものとの境界を打ち壊し, よって完全に倒錯した世界観を創り上げる。これこそが神の世界創造の真実である。
しかし真実は, 根源的無知に伴う妄想ゆえに生じている, 完全に誤てる認識であるに過ぎない。だから万物の創造者に対してはこう言ってやるだけで十分である。
「お前が世界を創造したのなら, 何者がお前を創造した?」
同様に同じ根源的無知を抱える人間, すなわち自分自身に向かってこのように問わねばならない。
「お前が世界を認識出来るというなら, 何者がお前を認識しているのか?」
神が誰によっても創られていないのなら, 世界もまた神に拠って創られたものではなく, 互いに創られたものでないなら, これは別のものではなく同じものであり, 各々の存在性は虚妄であるに違いない。
あなたを認識している何者かの実在を証明できないなら, あなたが世界を認識しているという証明も出来ず, 互いに認識が正しいということを証明できないなら, 互いの区分は不毛であり虚妄であり, つまり別のものではなく同じものなのであり, であるならいかなる認識にも根源的真実はなく, ただ世界の一切が分かちがたく不二なのであろうという推論のみをなしうる。


【真善美】
真は空(真の形・物)と質(不可分の質, 側面・性質), 然性(第1法則)と志向性(第2法則)の理解により齎される。真理と自然を理解することにより言葉を通じて様々なものの存在可能性を理解し, その様々な原因との関わりの中で積極的に新たな志向性を獲得してゆく生命の在り方。真の在り方であり, 自己の発展とその理解。

善は社会性である。直生命(個別性), 対生命(人間性), 従生命(組織性)により構成される。三命其々には欠点がある。直にはぶつかり合う対立。対には干渉のし難さから来る閉塞。従には自分の世を存続しようとする為の硬直化。これら三命が同時に認識上に有ることにより互いが欠点を補う。
△→対・人間性→(尊重)→直・個別性→(牽引)→従・組織性→(進展)→△(前に戻る)
千差万別。命あるゆえの傷みを理解し各々の在り方を尊重して独悪を克服し, 尊重から来る自己の閉塞を理解して組織(なすべき方向)に従いこれを克服する。個は組織の頂点に驕り執着することはなく状況によっては退き, 適した人間に委せて硬直化を克服する。生命理想を貫徹する生命の在り方。

美は活活とした生命の在り方。
『認識するべき主体としての自分と, 認識されるべき客体としての世界が区分されていないのに, 何者がいかなる世界を認識しうるだろう? 』
予知の悪魔(完全な認識をもった生命)を否定して認識の曖昧さを認め, それを物事が決定する一要素と捉えることで志向の自由の幅を広げる。予知の悪魔に囚われて自分の願望を諦めることはなく認識と相互作用してこれを成し遂げようとする生命の在り方。


《抑止力, 育維》
【育】とは或技能に於て仲間を自分たちと同じ程度にまで育成する, またはその技能的な程度の差を縮める為の決まり等を作り集団に於て一体感を持たせること。育はたんなる技能的な生育ではなく万人が優秀劣等という概念, 価値を乗り越え, また技能の差を克服し, 個人の社会参加による多面的共感を通じて人間的対等を認め合うこと。すなわち愛育である。

【維】とは生存維持。優れた個の犠牲が組織の発展に必要だからといっても, その人が生を繋いで行かなければ社会の体制自体が維持できない。移籍や移民ではその集団のもつ固有の理念が守られないからである。組織に於て使用価値のある個を酷使し生を磨り減らすのではなく人の生存という価値を尊重しまたその機会を与えなければならない。

真善美は生命哲学を基盤とした個人の進化と生産性の向上を目的としたが, 育と維はその最大の矛盾たる弱者を救済することを最高の目的とする。

2017/08/08 (Tue) 15:13 | EDIT | REPLY |   

真実史観  

もし日本戦わざれば

有色人世界の常識!大東亜戦争は有色人団結独立戦争!
 ・・・日本の存在しない世界を想像してみたらよい。もし日本なかりせば(もし日本戦わざれば)、ヨーロッパとアメリカが世界の工業国を支配していただろう。欧米が基準と価格を決め、欧米だけにしか作れない製品を買うために、世界中の国はその価格を押しつけられていただろう。
  ・・・ 南側のいくつかの国の経済開発も、東アジアの強力な工業国家の誕生もありえなかっただろう。多国籍企業が安い労働力を求めて南側の国々に投資したのは、日本と競争せざるをえなかったからにほかならない。日本との競争がなければ、開発途上国への投資はなかった。
 ・・・ また日本と日本のサクセス・ストーリーがなければ、東アジア諸国は模範にすべきものがなかっただろう。ヨーロ ッパが開発・完成させた産業分野では、自分たちは太刀打ちできないと信じ続けていただろう。
 ・・・東アジア諸国でも立派にやっていけることを証明したのは日本である。そして他の東アジア諸国はあえて挑戦し、自分たちも他の世界各国も驚くような成功をとげた。東アジア人は、もはや劣等感にさいなまれることはなくなった。いまや日本の、そして自分たちの力を信じているし、実際にそれを証明してみせた。
 ・・・ もし日本なかりせば(もし日本戦わざれば)、世界は全く違う様相を呈していただろう。富める北側はますます富み、貧しい南側はますます貧しくなっていたと言っても過言ではない。北側のヨー ロッパは、永遠に世界を支配したことだろう。マレーシアのような国は、ゴムを育て、スズを掘り、それを富める工業国の顧客の言い値で売り続けていただろう。

詳細は下記を選択し検索
『もし日本なかりせば』暗に大東亜戦争の本意を喝破したマハティール首相

真実史観

2017/08/08 (Tue) 15:22 | EDIT | REPLY |   

真実史観  

選択肢皆無!

戦う以外、選択肢は皆無!
「無茶な戦争とか不戦は平和」は、お花畑超満開脳!丸暗記脳(テストのみ優秀者)は、欠陥人! 異常者には、検証回路皆無!
 思索脳皆無、丸暗記脳のみの欠陥人ペーパードライバー運転は、自殺!民主党が証拠!
 餓死者が出てから行動では、資源なき小国、島国日本、完全消滅!

 南下ロシア、東進英仏蘭、西進米国の戦国時代、資源なき小国日本の、後手や内地戦は、必滅!幕府も討幕派も、日本国の一大事に私欲を捨て、一丸と化し、明治維新を成し、打って出た(自己犠牲の公)。国の一大事に共食い内乱の、砂の人心中朝韓(自己保身我欲の私)とは、完全真逆!

1941年9月6日の御前会議での奉答・永野修身軍令部総長
 「大阪冬の陣の如き平和を得て、翌年の夏には手も足も出ぬ様な不利なる情勢の下に、再び戦はなければならぬ事態に、立至らしめることは、皇国百年の大計の為、執るべきに非ずと存ぜられる次第で御座います」

永野修身もう一つの核心発言
 「戦わざれば亡国、戦うもまた亡国であれば、戦わずしての亡国は身も心も民族永遠の亡国である。戦って死中に活を見いだし護国の精神に徹するならば、たとい戦い勝たずとも、護国(祖父母、父母妻子、ふるさとを守る)に徹した日本精神さえ残せば、我らの子孫はかならずや再起、三起するであろう」

詳細は下記を選択し検索
脱亜論福沢諭吉現代語訳国難に団結の日本と国難に我欲の砂中朝韓罪日看破
7東條英機と汪兆銘と蒋介石と孫文誤謬訂正蒋経国と李登輝

2017/08/08 (Tue) 15:24 | EDIT | REPLY |   

真実史観2の1  

日本の害虫

①人間脳欠落欠陥ヒトモドキの、人間化包囲網!
戦後72年の今年も、日本極悪軍人ご先祖極悪とお考えの方へ!
 世界が、食民治宗主国や後の凶産カルトの白人に侵略され尽くし、タイ(英仏の緩衝国)と日本の有色人国家が、最後に残った。そして人類が完全征服される直前の、最後の最後に、前門の虎(凶産ソ中)後門の狼(食民治宗主国)に挑んだのが、日本と仲間の同胞(有色人や、弱小国白人)です!
日本は、戦いには敗れはしましたが、同胞が引き継ぎ、戦争目的(互恵・平等・ブロック経済破壊しての自由貿易)は完遂しました(1960年の植民地独立付与宣言)。もし日本、戦わざれば、支配者と奴隷の二極世界のままで、国名も失せ、大和民族は日本族と呼称されていたでしょう。
 日本開国当時、独立国は日本とタイ(英仏の緩衝独立国)のみ!これで一般常識人は完全氷解し、職責者文系凶授の「善悪史観」など、論外となる。

太平洋(白色対有色)戦争
 前門の敵(ソ中凶産主義傀儡毛沢東と欧米列強食民治主義傀儡蒋介石)と交戦(反共戦争)中に、後門の敵(食民治主義の欧米列強)が宣戦布告(ABCD通牒)し、日本(最後の有色人独立国)壊滅を謀った、白人による有色人国家殲滅戦争!

大東亜(有色人自存自衛蜂起)戦争
日本の自存自衛戦争!

 知識操作(整合)回路(思索回路)があれば、「資源無き小国日本は無法の戦国時代に、自存自衛の適者生存戦を展開」は、子供でも解ることだ!

白人残滓の黄禍(有色人のリベンジ)論払拭して「真実が基」の真の同盟へ!
「黄禍(有色人リベンジ)」が白人の恐怖
 日露戦争日本勝利以後の白人(食民治主義・凶産主義)の恐怖は、「有色人連合の黄禍」で、水と油の白人両者は、西安事件以後、この「黄禍論」一点のみで連合した。

2017/08/08 (Tue) 15:29 | EDIT | REPLY |   

真実史観2の2  

日中戦争ではなく日中連合反共戦争!

②結果、蒋介石汪兆銘中国と共同の日本の反共戦は、西安事件以後、蒋介石軍が裏切って分裂(蒋介石と毛沢東の国共合作)したため、汪兆銘南京政府と日本連合軍との、反共戦に変化。
 そして、隠れていたもう一方の白人、食民治主義国が正体を現し、白色連合の有色人潰し、「黄禍殲滅戦争」が、開始されたのである。「水と油」は、戦後すぐの朝鮮戦争、米国の赤狩り、そして冷戦が、証拠!もし日本戦わざれば、ソ中凶産か米英、いずれかの属国と成り下がり、国名も失せ、日本族呼称となっていた。
 日中戦争ではなく!日中連合反共戦争が、正当呼称!
 日中合作は即座に、有色人対白人の「黄禍」と成り得る。戦後の台湾韓国、そして、日中条約以後の中国の大躍進(世界第二の大国)は、日本抜きでは語れないのが証拠。
 有色人対白人のキーは日本の手中に有るのであって、中国や韓半島ではないことを、このことは実証した。
 食民治主義と凶産主義の白人連合に追い詰められた大東亜戦争は、八紘一宇の「互恵・平等・ブロック経済の破壊」で、対峙が目的なので、「白色対有色戦争」は、先人の意志ではない!目的完遂(凶産国や捏造国のみが残滓)の現在は、もちろん、先人の遺志でもない!
 これ等を踏まえ、「白人の黄禍の恐怖」を払拭すれば、「白人と有色人連合」による、中国と韓半島のドーナツ包囲網が構築可能となり、亜人間(人モドキの支那人や朝鮮人)を、人間へ導くことが出来る。
 田中角栄が米国や戦勝国等と歩調を合わせておけば、遅くともソ連崩壊時に、中国凶産解体しての軟着陸は、可能であった。角栄等職責者(教授・NHK・報道各社)の無知が、消えかかった火(中国凶産)に油を注ぎ、大火となった!

詳細は下記を選択し検索
米国が7年と30億かけた慰安婦最終報告書が炙り出す真実
真実史観目次子孫へ遺す血と汗と涙の表意文字で書かれた日本適者生存史

真実史観

2017/08/08 (Tue) 15:32 | EDIT | REPLY |   

真実史観2の1  

海洋民宗主国国家オランダの真実史観

①オランダ ヴァン・ティン・Eduard van Thijn(サン・ティン?)アムステルダム市長(1983-1994)・後(1994年)の内務大臣1991年の挨拶。  
 「憲兵少尉のシベリア抑留経験者、溝口平二郎(平成9年3月14日逝去)が挨拶を聴き、後に財団法人日本国防協会の理事の浅井啓之が1994年3月24日に文章に起こした」
 サン・ティンの名前が実在しないので捏造論があるが、ヴァン・ティンの聞き違いだろう(サン・ティンと筆者は現地で聞いた)。発音してみれば分かるが、・ティンが強く発音されるため、聞き違えやすい(ヴァン・ティン発音は、現地発音ではない。オランダ語の発音はファンタイン。活字からではなく、確実に現場で耳から聞いた発音を、サン・ティンと文字にした。つまり、サン・ティン記述は現地で聞いた証し)。要は名前よりも、年代と、アムステルダム市長の後に国務大臣を勤めたという経歴が大事なのだ。捏造であれば、決してこんな初歩的なミスはしない。ましてや公開された挨拶文などはすぐばれるので、決して捏造などしない。常識で考えればすぐ分かることだ。
 「1991年の訪蘭時」平成3年、日本傷病軍人会代表団が、大東亜戦争の敵国であったオランダを訪問した折、同国の傷病軍人代表と共に、首都アムステルダム市長主催の親善パーティに招待された。その時の市長の挨拶です。
 「あなた方の日本国は先の大戦で負けて、私共のオランダは勝ったのに大敗をしました。今日の日本国は世界で一、二位を争う経済大国になりました。私達オランダは、その間、屈辱の連続。即ち、勝った筈なのに、貧乏国になってしまいました。

2017/08/08 (Tue) 15:38 | EDIT | REPLY |   

真実史観2の2  

海洋民宗主国国家オランダの真実史観

②戦前は『アジア』に大きな植民地(オランダ領東インド(蘭印)=ほぼ現在のインドネシア)が有り、石油等の資源・産物で、本国は栄耀栄華を極めておりました。しかし今では、日本の九州と同じ広さの本国だけになってしまいました。あなた方の日本国は、『アジア各地で侵略戦争を起こして申し訳ない。アジアの諸民族に大変迷惑をかけた』と、自らを蔑(さげす)み、ぺこぺこと謝罪していますが、これは間違いです。あなた方こそ、自らの血を流して、アジア民族を解放し、救い出すと言う人類最高の良い事をしたのです。
 何故ならあなたの国の人々は、過去の歴史の真実を目隠しされて、先の大戦の目先の事のみ取り上げ、或いは洗脳されて、悪いことをしたと、自分で悪者になっているが、ここで歴史を振り返って、真相を見つめる必要があります。本当は私共白色人種が悪いのです。100年も200年も前から競って、武力で東亜民族を征服し、自分の領土として勢力下にしました。
 植民地や属領にされて永い間奴隷的に酷使されていた東亜諸民族を解放し、共に繁栄しようと、遠大崇高な理想を掲げて、大東亜共栄圏と言う旗印で立ち上がったのが、貴国日本だったはずでしょう。本当に悪いのは侵略して権力を振っていた西欧人の方です。日本は戦いに敗れましたが、その東亜の解放は実現しました。即ち日本軍は戦勝国の全てを東亜から追放して終わりました。その結果アジア諸民族は独立を達成しました。日本の功績は偉大です。血を流して戦ったあなた方こそ最高の功労者です。自分を蔑(さげす)むのを止めて、堂々と胸を張って、その誇りを取り戻すべきです」。1994年3月24日浅井啓之氏記聞

 護国の英霊に、これ以上の頌詞(しょうし)はない。アメリカがこの見解に達した時が日本の真の終戦だ。

ソースは下記(選択して検索)
オランダアムステルダム市長サン・ティンの真実史観

真実史観

2017/08/08 (Tue) 15:40 | EDIT | REPLY |   

冷静に話しましょう  

こういう悲惨な目に遭いたくないから戦争回避の為の抑止力とかの必要性や手段を議論しなければと言ってんのに、嫌だから目を背けようとか愚の極み

2017/08/08 (Tue) 16:17 | EDIT | REPLY |   

   

戦争は良い物か悪い物か、そりゃ悪い物ではある
だがしてはいけないものかというとそうではない、なぜならコッチがやる気は無くても相手が仕掛けて来たら起こるものだから
ダメなのは負ける事、戦争が悪い物だからといって(防衛)戦争の準備をしないのはただの自殺どころか家族友人巻き込んだ心中でしかない

2017/08/08 (Tue) 16:48 | EDIT | REPLY |   

ww  

いい年して馬鹿丸出しであきれる。

2017/08/08 (Tue) 16:56 | EDIT | REPLY |   

名無しさん  

苦言したら、北朝鮮は弾道ミサイルを撃たないのか?
つまるところ、今の年寄りが知ってるのは前大戦だけなんよ。
病気(戦争)で死にたくなければ、病気(戦争)のことをよく知らなければならない。
「お前らは何も分かってない」なんて、逆上しても何の意味も無い。

2017/08/08 (Tue) 20:26 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

<#`Д´>チョッパリが妬ましくて夜も眠れないニダ!