反日愚国 恨寓瘻

反日の愚かな国 日本を恨み、寓け難癖をつける 極東の腫物 恨寓瘻(はんぐる)

【動画】加計学園首相のご意向文書がツギハギだらけの捏造ファイルと証明する動画

2017
05

今回の動画は、加計学園圧力文書を分析してみたという動画です。

元々はツイッターで配信されていた物を動画化したものです。

その方の分析だと
このメール
いくつかのファイルを貼り合わせた
捏造ファイルだという事です。

それが証拠で証人喚問などとお話にならないですね。

誰が作ったのかな?
前川氏?
それとも玉木氏?
それぞれの下っ端?

いずれにしてもグレードは高くない様子。
変な工作ばかりの印象操作に終始する民進党。
籠池事件、加計事件、伊藤詩織事件と
立て続けに工作をしていますが
それで民進党の支持は上がったでしょうか?

民進党の支持率なんてどうでもいいのかもしれません。

安倍降ろしができればいいのでしょう。

国会でも執拗に安倍首相の印象操作に終始する野党(維新除く)

存在価値などあるのでしょうか?

この捏造ファイルが事実ならば
民進党は責任を問われる事になるでしょう。

しかし、マスコミは報道しない自由を発揮するでしょう。
民進党を黙らせるには拡散するしかありません。

悪事は自分に帰ってきます。
民進党には天罰があたるのでしょうね。

では、動画をご覧ください。
動画は嫌韓ちゃんねるさんで探しました。
そちらでご覧いただきます。
画像にリンクが貼ってあります。


【動画】加計学園圧力文書を検証してみた つぎはぎだらけのファイルは誰が作った? [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No16280
【動画】加計学園圧力文書を検証してみた つぎはぎだらけのファイルは誰が作った?


 ←毎日1ポチだけで進む売国政党潰し


そろそろリーマン止めてもいいかも…こんなんでいいんだ(無料でもらえるし)
Pic up
Pic up2
動画はこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【動画】加計学園圧力文書を検証してみた つぎはぎだらけのファイルは誰が作った? [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No16280
【動画】加計学園圧力文書を検証してみた つぎはぎだらけのファイルは誰が作った?

リンク先で下にスクロールすると動画があります。


他サイト関連記事

セウォル号の事故調査で『予想の斜め上の新事件』がまた発生した模様。引き揚げが無意味だった可能性が浮上
問題続出のGalaxyS8に『また新たな問題が発覚して』ユーザーが絶望。サムスン側は対策を拒否した模様
『韓国企業が輸入資金を使い果たして瀕死だ』と中国が”絶望的本音”を吐露。規制解除の可能性は極めて低い
韓国大統領候補が『日本との協議・合意を完全拒否する』と宣言した模様。慰安婦問題をなし崩しに無力化
『お前たちは本当に韓国が屈すると思っているのか?』と韓国人記者が”徹底抗戦”を宣言。韓国コスメは日本に送る
辛淑玉さんがRT「通名が在日の特権だと?人間のクズにも程がある」
【韓流】韓国「日本で韓流ブーム再点火!ドラマ輸出・ファンミーティングが盛況」…またステマか…もう諦めろよwwwwww
アメリカ前政府高官「慰安婦合意を見直そうとする韓国大統領候補は日韓関係に穴を開けることになる」と懸念を表明……
海外「日本の鎧の格好良さは異常」 侍たちが着用した本物の甲冑が外国人を魅了
【毎日新聞】「反日」という色眼鏡は怖い
韓国人「日本のニュースで嫌韓事件が取り上げられる→日本は個人も報道する…」韓国の反応





【動画】前川を擁護した女権活動家が『猛烈な批判を喰らいまくって』炎上した模様。和田議員に噛み付き逆襲を喰らう。 [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No16254
【動画】前川を擁護した女権活動家が『猛烈な批判を喰らいまくって』炎上した模様。和田議員に噛み付き逆襲を喰らう。


関連記事

 加計学園 民進党

1 Comments

冷静に話しましょう  

【連続土人小説】 『貧困調査官喜平』 第6回
 喜平は自ら蒐集した膨大な貧困調査データを自分一人だけで楽しむのは忍びなかった。できればこれらのデータの真価がわかる人々の目に触れさせ、世の中の役に立てたいと思った。と言うのは真っ赤な嘘で、実際は蒐集家にありがちなコレクション自慢の誘惑に喜平もまた打ち勝つことができなかったのである。
「海綿体、前へ !」
 喜平は自分のブログを立ち上げ、サイトをそう命名した。
「少子化問題と貧困とは不倶戴天の関係にある。これを克服するためには地方自治体の淫行条例などによってがんじがらめになっている現状を何としても打破しなければならない。多少の教育費(おこづかい)と適切な種付けによって少子化は劇的に改善されるものと信じる」
 彼は官僚という立場も忘れ、ブログの冒頭で吠えた。
 ブログは喜平の周辺でも密かに評判を呼んだ。
 ある日、省内の食堂で昼飯を取ろうとしていると、顔だけ見知っている別部署の若者が話しかけてきた。
「ブログの趣旨にとても感銘を受けました。今度ぜひ僕の海綿体も見て下さい」
 子犬が尻尾を振るように若者は興奮した面持ちで言った。
 身バレしたことに一瞬動揺し汗が滝のように噴き出してきたが、喜平はすぐに冷静さを取り戻した。
 おまえの海綿体なんか別に見たくもねーよと思ったが、笑顔で若者の肩を叩いて言った。
「うん、わかった。君も今日から同士だ。力を合わせて貧困問題に取り組んでいこう」
 若者はかなりの男前だった。こいつを調査に同行させたら、貧困女子も容易に心を許し、あわよくば三位一体の実地調査も可能になるのではないか、と喜平は皮算用したのである。

2017/06/05 (Mon) 19:02 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

<#`Д´>チョッパリが妬ましくて夜も眠れないニダ!