反日愚国 恨寓瘻

反日の愚かな国 日本を恨み、寓け難癖をつける 極東の腫物 恨寓瘻(はんぐる)

【動画】安倍ちゃんGJ!共謀罪批判の「ケナタッチ氏は国連と関係ない」国連事務総長の言質とる!国連詐欺はもう許さない

2017
28

今回の動画は、安倍首相のG7での活躍に関する動画です。

先日、組織犯罪処罰法改正案を批判した国連特別報告者のケナタッチ氏
に対して、グテレス事務総長は、彼は国連とは違う個人の資格で活動していると
国連と関係ない事を明言しました。

ケナタッチ氏は朝鮮勢力に担がれた事は明白です。
彼をネタにしたニュース、報道が瞬く間に広がり
民進党のHPに彼の書簡の翻訳文が公開され
さらにネクスト法務大臣の有田芳生氏まで
「官房長官がいう『個人の資格』で出されたものではなく、国連人権理事会から任命され、
集団的に検討された公開書簡」「政府は国際人兼問題の専門家である
ジョセフ・ケナタッチ特別報告者の質問状に答える義務がある。
それなくして共謀罪の強行は無効だ」とコメントしています。

朝生でも大きく取り上げられましたね。
つまりはそういう事なのです。
共謀罪潰しの為に朝鮮勢力が投下した爆弾こそケナタッチ書簡だったのです。

しかし、G7で安倍首相は働きました。
国連事務総長と会談し、ケナタッチ氏なんて
国連となんの関係もないから無視していいよと
言質を取ったのです。

まさにグッジョブ。

こういく事は一つずつ潰していく必要があるのです。
パヨクの国連詐欺をこれ以上放置していてはなりません。
ネットを見ている人は、国連と関係ない組織での
反日プロパガンダと判っていますが
パヨクと反日マスコミの報道に騙される人も少なくない。

もう一歩踏み込んで
朝鮮勢力の工作だという事まで明らかにする必要があるでしょう。

問題となるのはプライバシーではなく
プライバシーという言葉を隠れ蓑にした
テロリスト側の工作活動だという事です。

共謀罪に反対するという事はそういう事ですよ。
自分が危ないから反対するのです。
工作活動をしにくくなるから反対するのです。

一般市民が噂話で捕まる?
アホですか。
一般市民がテロを企てたりしませんよ。

対象となるのはプロ市民です。

加計学園をひっぱるのも、共謀罪潰しの為です。
完全に自爆ですけどね。
彼を擁護するのは自殺行為に見えるけどいいのかな?
さすがに無理がありすぎですよ。
ガールズバーで店外に何度も連れ出し、お小遣いまで与えて
貧困の調査だなんて信じられる?
かれは優しい人格者?
彼は問題を起こして辞めた人物ですよ。
民進党も国会で問い詰めたでしょ?
いい加減、学園シリーズは終わりにしてもらいたいものです。

それにしても、安倍首相
良い働きをしました。
菅官房長官もお喜びでしょうね。
お疲れ様です。

では動画をご覧ください。
動画は嫌韓ちゃんねるさんで探しました。
そちらでご覧いただきます。
画像にリンクが貼ってあります。


【動画】安倍首相が『国連詐欺を完全粉砕する』凄まじい成果を達成した模様。事務総長の言質を取ってパヨクを撃滅 [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No16154
【動画】安倍首相が『国連詐欺を完全粉砕する』凄まじい成果を達成した模様。事務総長の言質を取ってパヨクを撃滅



 ←毎日1ポチだけで進む売国奴潰しです


そろそろリーマン止めてもいいかも…こんなんでいいんだ(無料でもらえるし)
Pic up
Pic up2


プライバシーに関する権利に関する特別報告者の任務に基づく照会
参照番号JPN 3/2017

2017年5月18日

内閣総理大臣 閣下

 私は、人権理事会の決議28/16に基づき、プライバシーに関する権利の特別報告者としての私の権限の範囲において申し述べます。

 これに関連して、組織犯罪処罰法の一部を改正するために提案された法案、いわゆる「共謀罪」法案に関し入手した情報について、閣下の政府にお伝え申し上げたいと思います。もし法案が法律として採択された場合、法律の広範な適用範囲によって、プライバシーに関する権利と表現の自由への過度の制限につながる可能性があります。

 入手した情報によりますと次の事実が認められます:

 組織的犯罪処罰法の一部を改正する法案、いわゆる共謀罪法案が2017年3月21日に日本政府によって国会に提出されました。

 改正案は、組織的犯罪処罰法第6条(組織的な殺人等の予備)の範囲を大幅に拡大することを提案したとされています。

 手持ちの改正案の翻訳によると、新しい条文は次のようになります:

6条
(テロリズム集団その他の組織的犯罪集団による実行準備行為を伴う重大犯罪遂行の計画)
 次の各号に掲げる罪に当たる行為で、テロリズム集団その他の組織的犯 罪集団(団体のうち、その結合関係の基礎としての共同の目的が別表第三に掲げる罪を実行することにあるものをいう。次項において同じ)の団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を二人以上で計画した者は、その計画をした者のいずれかによりその計画に基づき資金又は物品の手配、関係場所の下見その他の計画をした犯罪を実行するための準備行為が行われたときは、当該各号に定める刑に処する。ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。

 さらにこの改正案によって、「別表4」で新たに277種類の犯罪の共謀罪が処罰の対象に加わることになりました。これほどに法律の重要な部分が別表に委ねられているために、市民や専門家にとって法の適用の実際の範囲を理解することが一層困難であることが懸念がされています。

 加えて、別表4は、森林保護区域内の林業製品の盗難を処罰する森林法第198条や、許可を受けないで重要な文化財を輸出したり破壊したりすることを禁ずる文化財保護法第193条、195条、第196条、著作権侵害を禁ずる著作権法119条など、組織犯罪やテロリズムとは全く関連性のないように見える犯罪に対しても新法が適用されることを認めています。

 新法案は、国内法を「国境を越えた組織犯罪に関する国連条約」に適合させ、テロとの戦いに取り組む国際社会を支援することを目的として提出されたとされます。しかし、この追加立法の適切性と必要性については疑問があります。

 政府は、新法案に基づき捜査される対象は、「テロ集団を含む組織的犯罪集団」が現実的に関与すると予想される犯罪に限定されると主張しています。

 しかし、「組織的犯罪集団」の定義は漠然としており、テロ組織に明らかに限定されているとはいえません。

 新たな法案の適用範囲が広い点に疑問が呈されていることに対して、政 府当局は、新たな法案では捜査を開始するための要件として、対象とされた活動の実行が「計画」されるだけでなく、「準備行為」が行われることを要求していると強調しています。

 しかしながら、「計画」の具体的な定義について十分な説明がなく、「準備行為」は法案で禁止される行為の範囲を明確にするにはあまりにも曖昧な概念です。

 これに追加すべき懸念としては、そのような「計画」と「準備行動」の存在と範囲を立証するためには、論理的には、起訴された者に対して、起訴に先立ち相当程度の監視が行われることになると想定されます。

 このような監視の強化が予測されることから、プライバシーと監視に関 する日本の法律に定められている保護及び救済の在り方が問題になります。

 NGO、特に国家安全保障に関する機密性の高い分野で活動するNGOの業務に及ぼす法律の潜在的影響についても懸念されています。政府は、法律の適用がこの分野に影響を及ぼすことがないと繰り返しているようです。

 しかし、「組織的犯罪集団」の定義の曖昧さが、例えば国益に反する活動を行っていると考えられるNGOに対する監視などを正当化する口実を作り出す可能性があるとも言われています。

 最後に、法律原案の起草に関する透明性の欠如と、今月中に法案を採択されようとする政府の圧力によって、十分な国民的議論の促進が損なわれているということが報告で強調されています。

 提案された法案は、広範な適用がされる可能性があることから、現状で、また他の法律と組み合わせてプライバシーに関する権利およびその他の基本的な国民の自由の行使に影響を及ぼすという深刻な懸念があります。

 とりわけ私は、何が「計画」や「準備行為」を構成するのかという点について曖昧な定義になっていること、および法案別表は明らかにテロリズムや組織犯罪とは無関係な過度に広範な犯罪を含んでいるために法が恣意的に適用される危険を懸念します。

 法的明確性の原則は、刑事的責任が法律の明確かつ正確な規定により限定されなければならないことを求め、もって何が法律で禁止される行為なのかについて合理的に認識できるようにし、不必要に禁止される行為の範囲が広がらないようにしています。現在の「共謀罪法案」は、抽象的かつ主観的な概念が極めて広く解釈され、法的な不透明性をもたらすことから、この原則に適合しているようには見えません。

 プライバシーに関する権利は、この法律の幅広い適用の可能性によって特に影響を受けるように見えます。更なる懸念は、法案を押し通すために早められているとされる立法過程が、人権に悪影響を及ぼす可能性がある点です。立法が急がれることで、この重要な問題についての広範な国民的議論を不当に制限することになります。

 マンデートは、特にプライバシー関連の保護と救済につき、以下の5点に着目します。

現時点の法案の分析によれば、新法に抵触する行為の存在を明らかにするためには監視を増強することになる中にあって、適切なプライバシー保護策を新たに導入する具体的条文や規定が新法やこれに付随する措置にはないと考えられます。
公開されている情報の範囲では、監視に対する事前の令状主義を強化することも何ら予定されていないようです。
国家安全保障を目的として行われる監視活動の実施を事前に許可するための独立した第三者機関を法令に基づき設置することも想定されていないようです。このような重要なチェック機関を設立するかどうかは、監視活動を実施する個別の機関の裁量に委ねられることになると思われます。
更に、捜査当局や安全保障機関、諜報機関の活動の監督について懸念があります。すなわちこれらの機関の活動が適法であるか、または必要でも相当でもない手段によりプライバシーに関する権利を侵害する程度についての監督です。この懸念の中には、警察がGPS捜査や電子機器の使用の監視などの捜査のために監視の許可を求めてきた際の裁判所による監督と検証の質という問題が含まれます。
嫌疑のかかっている個人の情報を捜索するための令状を警察が求める広範な機会を与えることになることから、新法の適用はプライバシーに関する権利に悪影響を及ぼすことが特に懸念されます。入手した情報によると、日本の裁判所はこれまで極めて容易に令状を発付するようです。2015年に行われた通信傍受令状請求のほとんどが認められたようです(数字によれば、却下された令状請求はわずか3%以下に留まります。)
 私は、提案されている法改正及びその潜在的な日本におけるプライバシーに関する権利への影響に関する情報の正確性について早まった判断をするつもりはありません。ただ、閣下の政府に対しては、日本が1978年に批准した自由権規約(ICCPR)17条1項によって保障されているプライバシーに関する権利に関して国家が負っている義務を指摘させてください。

 自由権規約第17条第1項は、とりわけ個人のプライバシーと通信に関する恣意的または違法な干渉から保護される権利を認め、誰もがそのような干渉から保護される権利を有することを規定しています。

 さらに、国連総会決議A/RES/71/199も指摘いたします。そこでは「公共の安全に関する懸念は、機密情報の収集と保護を正当化するかもしれないが、国家は、国際人権法に基づいて負う義務の完全な履行を確保しなければならない」とされています。

 人権理事会から与えられた権限のもと、私は担当事件の全てについて事実を解明する職責を有しております。つきましては、以下の諸点につき回答いただけますと幸いです。

上記の各主張の正確性に関して、追加情報および/または見解をお聞かせください。
「組織的な犯罪の処罰及び犯罪収益の規制等に関する法律」の改正法案の審議状況について情報を提供して下さい。
国際人権法の規範および基準と法案との整合性に関して情報を提供してください。
法案の審議に関して公的な意見参加の機会について、市民社会の代表者が法案を検討し意見を述べる機会があるかどうかを含め、その詳細を提供してください。
 要請があれば、国際法秩序と適合するように、日本の現在審議中の法案及びその他の既存の法律を改善するために、日本政府を支援するための専門知識と助言を提供することを慎んでお請け致します。

 最後に、法案に関して既に立法過程が相当進んでいることに照らして、これは即時の公衆の注意を必要とする事項だと考えます。したがって、閣下の政府に対し、この書簡が一般に公開され、プライバシーに関する権の特別報告者のマンデートのウェブサイトに掲載されること、また私の懸念を説明し、問題となっている点を明らかにするために閣下の政府と連絡を取ってきたことを明らかにするプレスリリースを準備していますことをお知らせいたします。

 閣下の政府の回答も、上記ウェブサイトに掲載され、人権理事会の検討のために提出される報告書に掲載いたします。

 閣下に最大の敬意を表します。

ジョセフ・ケナタッチ
プライバシーに関する権利の特別報告者



動画はこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【動画】安倍首相が『国連詐欺を完全粉砕する』凄まじい成果を達成した模様。事務総長の言質を取ってパヨクを撃滅 [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No16154
【動画】安倍首相が『国連詐欺を完全粉砕する』凄まじい成果を達成した模様。事務総長の言質を取ってパヨクを撃滅

リンク先で下にスクロールすると動画があります。

他サイト関連記事

セウォル号の事故調査で『予想の斜め上の新事件』がまた発生した模様。引き揚げが無意味だった可能性が浮上
問題続出のGalaxyS8に『また新たな問題が発覚して』ユーザーが絶望。サムスン側は対策を拒否した模様
『韓国企業が輸入資金を使い果たして瀕死だ』と中国が”絶望的本音”を吐露。規制解除の可能性は極めて低い
韓国大統領候補が『日本との協議・合意を完全拒否する』と宣言した模様。慰安婦問題をなし崩しに無力化
『お前たちは本当に韓国が屈すると思っているのか?』と韓国人記者が”徹底抗戦”を宣言。韓国コスメは日本に送る
辛淑玉さんがRT「通名が在日の特権だと?人間のクズにも程がある」
【韓流】韓国「日本で韓流ブーム再点火!ドラマ輸出・ファンミーティングが盛況」…またステマか…もう諦めろよwwwwww
アメリカ前政府高官「慰安婦合意を見直そうとする韓国大統領候補は日韓関係に穴を開けることになる」と懸念を表明……
海外「日本の鎧の格好良さは異常」 侍たちが着用した本物の甲冑が外国人を魅了
【毎日新聞】「反日」という色眼鏡は怖い
韓国人「日本のニュースで嫌韓事件が取り上げられる→日本は個人も報道する…」韓国の反応





【動画】韓国女と結婚した名門大のカナダ人講師の末路をご覧ください [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No16137
【動画】韓国女と結婚した名門大のカナダ人講師の末路をご覧ください



関連記事

 ケナタッチ グテレス事務総長 国連

6 Comments

冷静に話しましょう  

詐欺師ケナタッチ

2017/05/28 (Sun) 10:28 | EDIT | REPLY |   

名無し  

もうチョンコスタイルは通用せんちゅうこっちゃ。ええぞええぞ。

2017/05/28 (Sun) 11:07 | EDIT | REPLY |   

冷静に話しましょう  

安倍首相が国連に圧力掛けたー!
財政支援で、総長をまるめこんだぁー!

とか言って騒ぎ出すんだろうな~野党の外国人議員共は。

日本国を守るために必要なことすべてに批判する、野党と在日朝鮮人、それらに煽れらる反日日本人。
ほんとサヨクの馬鹿の話す内容は、ほとんど聞くに値しない。
もっとまともなサヨク思想を話せる人物が出てきて欲しいものだ。

2017/05/28 (Sun) 11:08 | EDIT | REPLY |   

真実史観  

国連騙り屋ケナタッチ!

安倍晋三首相G7の後押し「共謀罪」支持に謝意
 安倍晋三首相は2017年5月26日、イタリア・タオルミナでの先進7カ国(G7)首脳会議(サミット)で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ組織犯罪処罰法改正案へのG7の後押し「共謀罪」支持に謝意。
「国際組織犯罪防止条約締結のためのわが国の取り組みに対する各国の支持に感謝したい」

真実史観

2017/05/28 (Sun) 11:12 | EDIT | REPLY |   

   

今回のことに限らず一番の問題は、国連が関係団体や個人、もしかしたら各部署や職員の腐敗や不正な金銭の流れをチェックできていないことなんだよね。
銀行口座のチェックやら徹底的な調査権限を持って腐敗防止に努めない限り、こういうことはいつまでも続くだろう。

2017/05/28 (Sun) 11:13 | EDIT | REPLY |   

:::  

日本国民を貶める慰安婦プロパガンダの追軍売春婦像が、ロサンゼルス近郊の公園に続いて南部ジョージア州の公園にも設置(5月28日 7:29 NHK)
💀
日本国民に韓国千ョンはこれまで多くの嫌がらせをして銭をたかり、むしり取ってきた。
今さら日本政府が「もう嫌がらせには屈しない」と言ったところで効果なし。「じゃあもっと嫌がらせしよう」というのが卑劣な千ョン根性。親韓派という活動家や政治屋どもは、大罪を犯したな。
もう千ョンと友好なんて未来永劫有り得ないことだ。まずはこいつら寄生虫である親韓派工作員(ほとんどが帰化朝鮮人)は外患罪で極刑に。
さあ、日米の庇護が無くなった韓国千ョンなんぞ、北朝鮮問題が無くても5年ももたないだろ。それに気付いた時、韓国チョンはもう終わり。
日本国民は肝を据えて徹底的に韓国千ョンと闘うしかない!

2017/05/28 (Sun) 11:49 | EDIT | REPLY |   

Add your comment

<#`Д´>チョッパリが妬ましくて夜も眠れないニダ!