人気記事

当日人気記事 ブログパーツ

楽天

カテゴリ

アクセス感謝します!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
3位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
2位
アクセスランキングを見る>>

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド


【動画】APAホテル無双!中国人利用客は5%、取るに足りない。歴史の真実から目を背けるな

南京大虐殺の記述がある本を客室に置いてあるとして
中国人がAPAホテルに対して非難をしています。

中国では、反日教育に南京大虐殺の捏造を利用しています。
しかし、南京大虐殺なんてのは全くの虚構です。

中国の出してくる証拠と言われる写真は全て
他の事件を流用したものや
合成したものと論破されており
当時の状況から、南京で30万人を虐殺する事は
事実上不可能である事が解っています。

中国で反日教育をする事はある意味、中国人のかってです。
他国の教育の事ですから。
しかし、意図的な反日教育をする中国に対し
抗議してこなかった日本政府にも問題があります。

しかし、今回の問題を契機に正しい歴史認識を持つ人が逆に
ふえてくれるのでは無いかと期待をしております。

WGIPの縛りもあり、南京大虐殺についての正しい歴史を
報道する事は出来ませんでした。
しかし、もう時代は変わったのですよ。
正しい事は正しいと、ハッキリと口に出したっていいのです。

マスコミがいくら世論誘導をしようとも
我々には知る事が出来るツールが有り
拡散できるツールがある。

トランプ氏が言っている事もその事でしょう。
マスコミに対する不信感
正しい報道がされていない現状
これを変えていく事が必要です。

中国の情報操作にやられてばかりじゃいられませんよ。


【動画】アパホテルに『中国が何の痛痒も与えられなかった』と関係者が暴露した模様。悪影響は皆無と言っていい [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No14731
【動画】アパホテルに『中国が何の痛痒も与えられなかった』と関係者が暴露した模様。悪影響は皆無と言っていい


 ←中国人の嘘を白日の下に晒そう!1ポチお願いします。


そろそろリーマン止めてもいいかも…こんなんでいいんだ(無料でもらえるし)

Pic up
Pic up2

APAグループの公式サイトにハッキリと対応が記載されています。
英文でも記載されています。

今までの企業には無かった対応です。

 本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、著者が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです。国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです。したがって、異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます。なお、末尾に本書籍P6に記載しています、南京大虐殺に関する見解を掲載いたしますので、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています。


堂々たる主張です。
事実に基づいて本当の歴史を知る事を目的とした物であると明記されています。
一方的な圧力によって書籍を撤去しない事も明示しています。
その上で、「事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています。」と記載されています。
これが事実でないと言うならば、その事実を示してみろと主張しているのです。
中国はこれにより、事実を示す事が出来なければ
抗議する資格はない事になります。

又、当該書籍の南京大虐殺に関する記述も合わせてご覧ください。

『本当の日本の歴史 理論近現代史学』P6
二、南京三十万人大虐殺

 中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党中央宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。
 そもそも日本軍が南京に侵攻したのは、一九三六年、張学良が蒋介石を西安で拉致監禁した西安事件をきっかけに、コミンテルンの指導で第二次国共合作が成立したことで、国民党政府軍は中国共産党への攻撃をやめ、国民党政府軍に共産党勢力が入り込み、日本軍を挑発して、日本を戦争へ引きずり込んでいったことが背景にある。
 一九三七年七月七日、中国盧溝橋付近で北京議定書に基づき合法的に駐留していた日本軍の軍事演習中に、日本軍とその近くにいた国民党政府軍の双方に対して実弾が発射されたことをきっかけに、戦闘状態になった(盧溝橋事件)。この双方への発砲は、後に中国共産党国家主席となった劉少奇(りゅうしょうき)が指示したものであることを、彼自身が告白している。事件不拡大を望んだ日本軍は、その四日後には停戦協定を結んでいる。
 しかし、日本を激怒させ国民党政府軍と戦争をさせる為に、同年七月二十九日、中国保安隊によって日本人婦女子を含む二百二十三人が残虐に虐殺された「通州事件」や、同年八月九日に起こった「大山大尉惨殺事件」、更には、同年八月十三日、国民党政府軍に潜入していたコミンテルンのスパイである南京上海防衛隊司令官の張治中(ちょうじちゅう)の謀略によって、上海に合法的に駐留していた日本海軍陸戦隊四千二百人に対して、三万人の国民党政府軍が総攻撃を仕掛けた第二次上海事変を起こすなど、中国は日本に対して次々に挑発を繰り返し、それまで自重し冷静な対応を取っていた日本も、中国との全面戦争を余儀なくされたのであり、不当に日本が中国を侵略したわけではない。
 上海事変で勝利した日本軍は、敗走する国民党政府軍を追撃し、国民党政府の首都であった南京を攻略し、同年十二月十三日に南京占領。このとき敗残兵が住民に対して略奪、虐殺を行なった。それらの敗残兵が民間人の衣服を奪って便衣兵(ゲリラ)となったことから、日本軍は便衣兵の掃討作戦を行った。便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められているものであり、一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)であった。しかし、こうした事実が歪められて、情報謀略戦として、「南京三十万人虐殺説」が流布されたのである。そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない。一方、通州事件や大山大尉惨殺事件、第二次上海事件などでの日本人に対する残虐行為には、日本軍を挑発し、国民党政府軍との戦争に引きずり込むというコミンテルンの明確な意図があったのである。



理論 近現代史学

数々の事実を付き合わせ、あり得ることかあり得ないことか考えて、矛盾なく、理論的に説明ができる近現代史が、理論近現代史である

「南京大虐殺」が「虚構である」証拠の数々

1.まず、「『南京大虐殺なること』に関する『犠牲者名簿なるもの』は唯の一人分も無い。」(上海大学歴史学部・朱学勤教授による。平成十九年十二月二十日付産経新聞)。この一点だけ捉えても「南京大虐殺なること」が如何に荒唐無稽な作り話であるかは既に立証された様なものである。(仮に、「南京大虐殺」なることが真実であるならば、「三十万人」という数字の何割かの「犠牲者名簿」が存在しないはずがない。)

2.「南京大虐殺」の犠牲者は、「三十万人」ということになっているが、日本軍が南京を制圧した昭和十二年十二月十三日当時、南京市内には、約二十万人の民間人しかいなかったという記録があり、併せて、約一カ月後、昭和十三年一月十四日の時点では、人口が五万人以上増えて、約二十五万人~三十万人になっていたという「南京安全区国際委員会記録」が残っている(田中正明著『南京事件の総括』二十九頁)。

3.日本軍が南京を占領する約一カ月前、昭和十二年十一月より翌年の九月迄、蒋介石率いる国民党は、ほぼ毎日の様に、欧米のマスコミ関係者を集めて、記者会見を開き、日本軍に対するイメージダウンの目的で、日本軍の不法行為等について嘘八百の発表、宣伝工作を続けていた。そして、その回数は延べ三〇〇回にも及んだという。処が、当時、国民党は「南京大虐殺」などという事を一度も言ったことが無かったという。何故か?それは、その様な事は全く起きていなかったから言わなかっただけである。仮に、当時、南京で「大虐殺」が起きていたならば、其の事を其の記者会見の場で取り上げないはずがなかったであろう。

4.「南京大虐殺記念館」等に展示されている写真は、全て合成写真または、「通州事件」等、中国人が日本人を虐殺した写真を始めとする、全く別の写真であることが、東中野修道教授(亜細亜大学)によって証明されている。もしも、南京大虐殺なる事が真実であるならば、その証拠写真が一枚も無いはずがない(東中野修道・小林進・福永慎次郎共著『南京事件「証拠写真」を検証する』草思社)。 (所謂)「南京大虐殺なること」が有ったと問答無用で決めつけたのは、「極東国際軍事裁判」、(所謂)「東京裁判」の中である。それでは同裁判の内容は一体如何なるものであったのか?  東京裁判を傍聴した冨士信夫氏は、『南京大虐殺はこうしてつくられた』(展転社)の中で、「南京大虐殺」なることが全くの虚構であることを裁判記録として記している。

5.朝日新聞は昭和十二年十二月二十日の朝刊半頁を費やして、『甦る平和都市南京』と題する(平和この上ない、当時の南京の)写真特集を掲載している。この風景こそ虐殺否定の何よりの証拠と言えよう(『南京大虐殺の総括』三十二頁)。

6.「南京に大虐殺が有ったと言う様な記録は、中国側の第一級公式資料である何應欽上将の軍事報告の中にさえ、その片鱗も見出せない。」(『南京事件の総括』八十二頁)。

7.「当時、朝日、東日、読売、日経、など全国紙の各支局を始め、地方紙や通信社も、南京に特派員を派遣していた。これらのプレスマンが異口同音に言うことは、『東京裁判で、南京でのあの様な事件が有ったと聞いて驚いた。』」(同百十一頁)。

8.「中国国民党が、作り話を含めて、日本軍の不法行為を糾弾する為に、一九三八年七月七日、国民党の中央宣伝部が「印刷」した蒋介石の『国民に告ぐる書』のどこを探しても、そこには『南京大虐殺』の文字は見当たらない」(同二百九十六頁)。

その他、多々ある。



堂々たる主張です。
私の浅はかな知識ではここまで立派な主張はできますまい。
出来る事は少しでも拡散する事でしょう。

皆さまにおかれましては記事の拡散をお願いいたします。
そして、APAホテルの応援をお願いいたします。

中国人利用客5%足らずではございますが
これに負けてはいられません。
旅先でのホテルのご利用はAPAホテルをお願いします。

ホテルで理論 近現代史学Ⅱも800円でお買い求めいただけます。
中国人が、しまった、騒がなければ良かったと思わせる程
事実を世間に広めようではありませんか!

では、関連の動画をご覧ください。
動画は嫌韓ちゃんねるさんで探しました。
そちらでご覧いただきます。
画像にリンクが貼ってあります。


動画はこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【動画】アパホテルに『中国が何の痛痒も与えられなかった』と関係者が暴露した模様。悪影響は皆無と言っていい [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No14731
【動画】アパホテルに『中国が何の痛痒も与えられなかった』と関係者が暴露した模様。悪影響は皆無と言っていい

リンク先で下にスクロールすると動画があります。

他サイト関連記事

『政界は日本との全関係を断絶させる気だ』と韓国専門家が”自国の破滅”に顔面蒼白。永遠に賠償請求できるわけがない
”2019年の韓国教科書”が『恐怖の内容改訂を喰らって』大混乱に突入。絶対無理だ!と日本からツッコミ殺到
韓国軍が『正月から致命的大失態を犯して』最悪すぎる新年を迎えた模様。アホすぎるミスで全世界に恥をさらす
【産経】ケント・ギルバート「米国人としてハッキリ言う、日本を弱い国にしたいから憲法9条をつくった」日本の“左翼メディア”は世界で異質
【悲報】朝日新聞、ついに民主主義に疑問を抱き始める 元旦の一面に元SEALDs奥田氏も登場、トランプ支持者に“作られた多数派”
【韓国】何のための韓中国交正常化だったのか 中国は「アジアの大切な友人」を失わないよう不当な圧力をやめるべき
韓国人「韓国はまだまだ未熟な国だ」……それでぼったくりの言い訳になるとでも?
【乞食】韓国、慰安婦ビジネス継続のため慰安婦被害者1人を新たに補填!名前や年齢、被害状況等は非公開で整合性なし
【社会】在特会元副会長の川東大了氏、「ヘイトスピーチ」のレッテル貼られ妨害受ける…在日コリアン側のNPO法人などと
【在日発狂】中国人が新千歳空港で暴れたのは日本が悪いアル→どう考えても中国人が悪い決定的な理由が暴露され即効論破
海外「参拝の何が問題なんだ?」 稲田防衛相の靖国参拝に欧米からは理解の声
海外「なんて複雑な料理だ」 世界一の寿司職人が教える正しい寿司の食べ方が話題に
海外「誰か日本を止めてくれ!」 日本が生んだ革命的な恋愛ゲームに世界が騒然



【動画】渦中のアパホテルに『中国人記者が多数潜入する』凄まじい営業妨害事案が発生。思わぬ利益を日本が受ける可能性も [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No14718
【動画】渦中のアパホテルに『中国人記者が多数潜入する』凄まじい営業妨害事案が発生。思わぬ利益を日本が受ける可能性も


関連記事

コメント

ななし

南京攻防戦という普通に考えたら、悲惨な市街戦が展開し民間人に多数の犠牲が出る事は解りきった話。
それを防ぐ為に、都市はオープンシティを宣言し、軍隊は降伏して市民を守るものだ。
南京防衛の為に徹底抗戦を叫んだ、国民党軍最高指揮官の唐生智だったが、夜陰に紛れ南京を抜け出した→敵前逃亡だ!
残された多くの将兵、市民を置き去りにした責任は何故問われない?

付け加えると、唐生智は中華人民共和国成立後に、湖南省の知事として歴史に登場する。勿論、寝返って共産党員として。
これって民族の裏切り者じゃね?
ちなみに湖南省は毛沢東の故郷でもあり、プンプン匂って来るな。

名無し

やはり大事なのは一見客より常連さん、これは商売の基本です
これが分からないと銀座のデパート群の二の舞です。
非公開コメント

はんにちぐこく

反日愚国 恨寓瘻(はんぐる)
日夜パヨクと闘っています!

NEWS Pic up!

アンケート


朝鮮勢力と戦っています。1ポチ御願い