反日愚国 恨寓瘻

反日の愚かな国 日本を恨み、寓け難癖をつける 極東の腫物 恨寓瘻(はんぐる)

【動画】惨敗だったインパール作戦の意味と意義!インド独立戦争と呼ばれている事をご存知ですか? 

インパール作戦をご存知でしょうか?
日本軍のアジア戦線において最大の大敗を帰した作戦でした。
しばしば、日本の無謀な作戦と言う切り口で取り上げられる歴史上の一事件です。

確かに戦果からみれば日本の大敗という現実があります。
しかし、そこにはインドがイギリス支配下400年の歴史に終止符を打つきっかけになった
戦争であった事も又事実なのです。

ご存知かもしれませんがインパール作戦には
日本軍と共にインド国民軍という
インド外部で組織されたインド兵が参加しています。
インドネシアやマレーシア方面で日本軍と戦っていたインド兵が
日本に投降し、祖国インドの為に闘うべく組織された軍隊です。

紆余曲折があり、指導者は変わりましたが
その一人としてチャンドラ・ボーズ氏がいます。

過去記事を参考にご覧ください
【動画】ガンジーだけでは無いインドの偉人チャンドラ・ボーズを知っていますか?日本と共にインド独立に貢献した人物です。
 
インドを武力によって解放するという目標を掲げ
インド国内の無抵抗主義による独立運動とは一線を画し
海外に活路を求めた人物です。

彼は日本が西欧諸国と闘う姿を見て
インドもいつか日本同様にイギリスを打ち破り
独立出来る日が来ると確信したのです。

インパール作戦の内容についてはここでは触れません。
事実、日本の大敗で終わった作戦です。
作戦の良し悪しはあるでしょうが
アジア人にとって無駄では無かった闘いだった事は
西欧諸国の目線や日本人からの目線とは違った
インド国内目線での評価がある事も又事実なのです。

その証拠にインパール作戦はインドでは対英独立戦争と呼んでいるのです。

某国の幻の光復軍による日帝との闘いとは違うのですよ。

立派に自国の為に闘い、敗れたとはいえ、イギリスに対して牙を剥いた
インド国民軍を称える呼称でしょう。

この戦争がきっかけになり、インドは独立へと加速していくのです。
日本のアジア進出がただの植民地を増やす戦争では無かった事の
一つの証でもあります。

では、動画をご覧ください。
動画は嫌韓ちゃんねるさんで探しました。
そちらでご覧いただきます。
画像にリンクが貼ってあります。



【動画】日本の英霊に感謝 インドと共に戦ったインパール作戦 [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No8060
【動画】日本の英霊に感謝 インドと共に戦ったインパール作戦


 ←反日プロパガンダを許さないなら毎日1ポチをお願いします


そろそろリーマン止めようと思う…おいらの稼ぎ方(無料で教える)

動画はこちらからご覧ください。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
【動画】日本の英霊に感謝 インドと共に戦ったインパール作戦 [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No8060
【動画】日本の英霊に感謝 インドと共に戦ったインパール作戦

リンク先で下にスクロールすると動画があります。

参考動画

インパール作戦は終わらない【果たされたインドとの約束】


他サイト関連記事
麻生太郎閣下、韓国人の自尊心を完全崩壊させるお見事な一言!!! 韓国政府に突き付けた日韓スワップの最低条件に朴槿恵大発狂wwwww
【台湾】馬総統、元慰安婦の死去悲しむ 「鄭陳さんは日本人警察官に騙されて無理やり慰安婦にさせられた」
韓国人「中国人が追い出したい隣国、1位は日本!韓国は何位?」
菅官房長官「政府として何らかの方針を固めたという事実はない」 日韓通貨スワップ協定の再開について
【閲覧注意】沖縄が無法地帯化!やりたい放題の朝鮮人活動家がマジキチ
元慰安婦6人「日本の支援は受けない!」記者会見で改めて強調するも、法的賠償は要求wwwwwwww
元慰安婦「安倍が謝罪しないなら日王が我々の前にひざまずいて謝罪しろ!」 → 韓国紙日本語版オールスルー
韓国人「日本は独島の真実を知っていた」
【韓国の反応】韓国人「慰安婦合意を守ろうとする日本と、守る意思の見えない韓国」
【平昌五輪】「とてつもない国際的な恥さらしになる」 テスト大会中止の危機で焦燥感
民主・岡田克也代表、ナチスを引き合いに自民の緊急事態条項を批判
【大阪市議会】ヘイトスピーチ抑止条例案審議中に「日本人の人権を守れ」と叫び男がカラーボールを投げつける騒ぎ、審議が一時中断
日韓通貨スワップが『韓国側の凄絶すぎる自爆』で完全頓挫した模様。反日教育が完全な毒に変化した
”北朝鮮核実験”に神奈川県が『最悪すぎる対応』を取ってしまった模様。投票先がないと有権者がガチで嘆く
”挺対協の乞食戦略”が『斜め上の方向に超進化して』全世界に迷惑をかける模様。兎に角カネが欲しいと喚き散らす
韓国のロビー工作、米国人に「残酷非道な日本人」の印象増加
韓国の383市民団体、慰安婦日韓合意撤回へ新組織=海外で署名運動も―韓国メディア 



【動画】インドネシアは高速鉄道受注で「日本を裏切った」という嘘をまだ信じてるの? [嫌韓ちゃんねる ~日本の未来のために~ 記事No8042
【動画】インドネシアは高速鉄道受注で「日本を裏切った」という嘘をまだ信じてるの?



関連記事

特亜と日夜戦っております。記事拡散に1ポチをお願いします。

にほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ 反日愚国 恨寓瘻 ブログランキング サイトの新規登録106





テーマ : 歴史 - ジャンル : 政治・経済

タグ : インパール作戦 インド国民軍 インド



この記事をリンクする?:


[ 2016/03/05 10:29 ] 日本の為に | TB(0) | CM(4)


全く知りませんでした。
教科書に載せても良い内容と思う【朝鮮人との対比の面でw】
しかしWGIPやプレスコードによって未だに制限されてんだろうね。
日教組とかのテヨン団体が隠す事に懸命だろうしw
[ 2016/03/05 11:09 ]


①インパール作戦(インドの独立戦争) 
 この作戦は色々批判もあるが、日本の本意を世界に示した戦いであった。この作戦が無ければインドの独立もなかったし、アジアの独立も無かった。先人が流した赤心の血適者生存の心(大東亜団結戦争、大東亜の適者生存のため、ひいては日本のために戦った)がインドの独立、アジアの独立をうながしたのだ。さらにこの流した赤心の血は現代の世界の史家や、かっての敵将の覚醒をもうながし宗主国撤退の起因となった。皆この作戦より、日本の本意にたどり着いている。
 ネルーもガンジーもラダ・ビノード・パールも、インパール作戦以後翻意している。NHKや朝日などの反日は、インパール作戦以前のこの方々の反日証言(1942年7月26日、ガンジー日本の「大東亜戦争」について等)を針小棒大に報道している。なぜ翻意したか、インド独立のため、ひいては日本のための比類なき適者生存護国の戦いざまを、目の当たりにしたからである。 
 昭和19(1944)年3月、日本陸軍(牟田口廉也第十五軍司令官)とインド国民軍の合わせて十万の将兵が、アラカン山脈を越えて進撃を開始し、一時はコヒマを占領しインパールの周辺まで突入したが、弾薬、食糧の補給が途絶し、飢餓と悪疫が重なって撤退を余儀なくされた。
 インパールの山野は「白骨街道」と化し、日本軍の死者は三万、戦病者は七万。インド国民軍は数千人の犠牲者を出した。

詳細は下記を選択し検索
全世界の証言大東亜戦争の遺したもの

真実史観

②英軍東南アジア総司令部司令官マウントバッテン大将
 「かつて不敗を誇った日本軍も半年の死闘に衣服や靴もボロボロとなり、ささえるものは不屈の精神力だけだった。指揮の崩壊と飢餓に追いつめられたとき、前途に横たわるものは生地獄だった。日本軍はインパールにおいて、また全ビルマにおいて敗れるべくして敗れた。しかし、そこには何かが残った。それは歴史学の権威トインビーがいみじくも喝破したとおりである。『すなわちもし、日本について、神が使命を与えたものだったら、それは強権をわがもの顔の西欧人を、アジアのその地位から追い落とすことにあったのだ』

マウントバッテン司令官ネパール国王の戴冠式パーティの席での皇太子殿下への言葉
 インド独立のための工作をした藤原岩市中佐がインパールへの遺骨収集実現のためインド側と交渉し、昭和50年(1975年)に無事それを実現させ、現地の人々の予想外の協力を得て帰国した。その模様を東宮御所に参上し、皇太子殿下(今上天皇陛下)に報告されたときに皇太子殿下が、マウントバッテン元帥の言葉を仰せになられた。
 「藤原さんの報告を伺って、事の次第が分明いたしました。先月、ネパールの戴冠式に参列した節、パーティの席で、英国首席随員・マウントバッテン元帥が私を捉えて、いとも懇ろに『過ぐる戦争中、私が東亜連合軍総司令官として、印緬戦域で対戦した日本軍将兵は、その忠誠、勇敢、規律厳正さにおいて、古今東西無類の精強でした。あのような素晴らしい将兵は、今後いずれの国にも生まれることはないでしょう』と激賞してくれた」。

 かっての敵将も、インド独立のため、ひいては日本のために流した日本の赤心の血に、日本の本意を見たのだ。そしてイギリスは、宗主国から撤退した。

詳細は下記を選択し検索
全世界の証言大東亜戦争の遺したもの

真実史観

③マパオ村の「日本兵士を讃える歌」
 インパールの北16キロにあるマパオ村では、インド独立のために散った日本軍兵士の慰霊祭が行われ、「日本兵士を讃える歌」が、毎年マパオの空に響きわたっている。歌を作ったのは村の女性ニイヘイラさんである。 
「日本兵士を讃える歌」
作詞作曲マパオ村ニイヘイラと村民 日本語訳  古田中 勝彦
一、父祖(親)の時代(時)より今日の日まで美しきマパオの村よ
 いい知れぬ喜びと平和(やすらぎ) 永遠(とわ)に忘れまじ
*合唱(繰り返し)
美しきマパオの丘に日本兵来(きた)り 戦えりインパールの街目指して
願い果たせず空しく去れり
二、日本兵マパオの丘に来る それは四日の火曜日一九四四年のことなりき
 我は忘れじ四月のあの日
三、罪なき民も散り散りに 西に東に追いやられ
 再び神の恵を受け集まり住まん この地マパオに
四、広島の悲報勇者の胸をつらぬき 涙して去れる 日本の兵士よ
なべて無事なる帰国を われ祈りてやまず

詳細は下記を選択し検索
全世界の証言大東亜戦争の遺したもの

真実史観
[ 2016/03/05 11:49 ]


インパール作戦の闘い自体の事を言えば、日本が勢いのある戦争前半に、実施出来なかったかなと思っています。
日本陸軍は詳細な研究、分析の上で連合国側のウィークポイントをイギリスであると見て、援蒋ルートを遮断するためにもインドシナから西進してイギリスを叩く戦略でいた。
文字通りの「大東亜」の闘いになるはずであったが、悲しいかな陸海軍のセクショナリズムここに極まれりで、海軍の特に山本五十六は、陸軍の精密な分析を大本営がありながら知らなかったんだろうが、強大なアメリカを恐れて、アメリカの海軍力が整わない内に東進し、ミッドウェイなど太平洋に戦場を求めた。
広い太平洋に戦線を広げ過ぎ、戦力の分散と補給ルートの維持が困難になり、防衛するには極めて脆弱な体制を取ってしまった。
大東亜の闘いを太平洋戦争としてしまったのは、海軍、特に山本五十六の突飛な戦術にあった事(→真珠湾はともかく、ミッドウェイ以降)が一番の問題であったのではないかと、最近考える様になった。安易な海軍善玉説は廃したい。
インパールの話が随分脱線したが、当初の大東亜の闘いという理念に沿って、作戦が進められなかった事を悔やむ。日本に国力のあった初期にインパールの闘いがあったなら、その結果は違ったものになっていたんじゃないかとつい思う次第。
[ 2016/03/05 12:30 ]


イギリス側の評価では、日本が勝ってもおかしくなかったということになっています。
[ 2016/03/05 18:51 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
<#`Д´>チョッパリが妬ましくて夜も眠れないニダ!
にゅーもふピックアップ
アンケート
最新記事

ブログランキングにほんブログ村 政治ブログ 特定アジアへ サイトの新規登録106

アンケート

カテゴリ
楽天
人気記事
当日人気記事 ブログパーツ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグクラウド